「草鞋(わらじ)」

 

軽くて、締め付け感がなく、どんな足の形状にもよくフィットします。

 

【特長と利用】

★水に濡れても強く、すべりにくい→沢登りや山歩き、踊りなど

★足の5本の指が自由に使える→バランス感覚を養う、脳・身体機能の発達

★地面に近い→心身の安定、地球との一体感

★自然農法のワラを使う=地球と人に優しい!

★使用後は土に還る→エコ循環

 

 

■わらじ編みの手順

①緒に使う縄をなう

 

※緒に最適なのは、麻の繊維です。

丈夫で、伸縮性があり、水に強く、自然素材の心地よさがあります。

写真は「皮麻(ひま)」。栃木県産の大麻を使用しています。

 

②地を編む

 

つま先部分から編んでいきます。

途中に「ち」(緒を通す穴)をつけます。

 最後にかかとをしめて、出来上がりです。

※地を編むのには、稲わら、マコモの葉などをつかいます。

 

 

■まこもわらじつくりかた【つまさき、ち、かかと】

■わらじの基本の編み方

■わらじについて【各部名称、はきかた、など】

布草履などを編んだことのある方は、上記動画で、編むことができると思います。世界にひとつのmyわらじ作り、ぜひ、取り組んでみてくださいね♪

 

 

■わらじ編み講習ご希望の方へ

おひとり様から、丁寧に編み方を指導します。

 

※大麻の緒をつくります(3メートル×2本)

※マコモor稲わらで、わらじを編んでいきます。

※稲わらの場合、わら打ちから取り組みます

 

(所要時間:約4時間)

 

【講習料】5,000円(材料費込み)

 

 

※自分で編んだわらじは、自分の足にピッタリ、心地よくフィットします。

自分の手は、自分の足のことをよく知っているのですね~。

 

 

 

                 

【講習会のご予約・お問い合わせ】

 

   iyashichi@gmail.com(神戸わらじ俱楽部・片山)まで        

 

 

 

わらじを編むことは、地球とつながり、自由をとりもどすこと

 

わらじをはいて一歩一歩、大地の上を歩くと、天地自然の調和の中に生きていることを感じます

 

 

いやしちヒーリング教室         

神戸わらじ俱楽部

 

神戸市営地下鉄「西神中央」駅よりバス約10分

メール:iyashichi@gmail.com 

Locates  Nishiku, Kobe-City,Japan